治療済みの歯にも注意が必要

自分の歯を失ってしまうと、思わぬ不具合が出てくるものです。
食べ物を噛みにくいだけではなく、噛み合わせの歯が伸びてしまったり、顔の輪郭が変わってしまうこともあります。
固い食べ物を上手に噛めないのですから、栄養面のバランス崩れから、身体全体に悪影響を及ぼす原因にもなります。
自分の歯を失ったら、入れ歯やインプラントなどの治療で、すぐにでも代わりの歯を入れるようにしましょう。

もちろん、そんなことになる前に、まずは毎日のデンタルケアをきちんと続けることが大切です。
丁寧な歯磨きに加えて、自分で歯や歯茎をチェックするようにしましょう。
歯ぐきから血が出たり、歯がグラグラするような違和感を感じたら、たとえ痛みは無くても、すぐに歯科医に相談するようにしましょう。

自分の歯を失った場合、入れ歯やインプラントなど、様々な治療方法があります。
でも、まずは虫歯や歯周病にかからないように、丁寧なデンタルケアを心がけましょう。
過去に治療した歯であっても、歯ぐきの病気にかかったり、かぶせたものが傷んでしまうということは、よくあります。
たとえば、毎日の歯磨きでデンタルフロスを使っている人も多いと思います。
そのデンタルフロスがひっかかったり、ひんぱんに切れたりする場合は、過去に治療した歯のかぶせものが傷んでいたり、むしばになっていたりする可能性があります。
デンタルフロスを使っていて違和感を感じた時にも、歯科医に相談するようにしましょう。

生涯、自分の歯で食べ物を噛むことは、脳の老化を防止することにも役立ちます。
早期発見、早期治療で、いつまでも自分の歯を保てるようにしたいですね。

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。

インプラントの実施が難しい場合もある

インプラントはとても優れた治療方法ですが、場合によっては実施が難しいケースも存在します。インプラントは、顎の骨に土台を作り、そこに人工の歯冠を装着するという治療方法です。しかし、土台を作る部分の骨の幅が足りなかったり、固さが足りなかったりする場合は、そのままではインプラントを行うことができない場合もあります。

骨の幅や強度が足りない場合は、骨造成を行って、まずは土台を「インプラントが可能な状態」にまで持って行くことが必要です。幸い、今はインプラントの技術が進んでいますから、骨の幅や固さが足りないからといって、即インプラントを諦めなければならない……という事態にはならないと思います。

インプラントを受けたいと思ったら、まずはかかりつけの歯科医師に相談をしてみると良いでしょう。

他にも、インプラントの実施が難しいケースは存在します。たとえば、血が固まりにくい体質であったり、糖尿病や腎臓病といった基礎疾患を抱えている人は、場合によってはインプラントが安全に受けられない……というケースもあるようです。

インプラントは、歯科治療といっても、一応「手術」が必要な治療です。手術となると、麻酔も使いますし、メスで歯茎を切開する際には多少の出血も伴います。上記に挙げたような基礎疾患がある場合、それらの処置が安全に行えない、と歯科医師が判断する可能性があります。

この場合も、かかりつけの歯科医師と事前にしっかり相談をしておくことが大切です。専門家の意見を良く聞き、その上で、自分にとってベストな選択肢をチョイスすることができれば、最高なのではないでしょうか。

詳細はこちら

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。

歯周病のレーザー治療

歯周病という言葉は、多くの人が耳にしたことがあると思います。
でも、実際に歯周病というものがどんなものか、
放置しておくとどうなってしまうのかを知っている人は、意外と少ないかもしれません。

虫歯のように激しい痛みが伴う場合は、
すぐに歯科医にかかる人も多いものですが、鈍い痛みや歯ぐきの腫れ程度であれば、
日頃の忙しさにかまけて、
ついつい放置してしまうこともあるのではないでしょうか。

でも、歯周病はとても怖い病気です。
放置しておくと、抜歯に至ることもあり、そうなると、
入れ歯やインプラントなどの代わりの歯を必要とします。
悪化して手遅れにならないように、歯周病のことをよく知っておいて、
おかしいなと思ったら、すぐに歯科医に診てもらうようにしましょう。

もちろん毎日のデンタルケアや、
定期的に歯科医に通って歯の健康状態をチェックしてもらうことは、
とても大切なことです。

歯ぐきから膿が出るようになったり、物をかんだ時に血が出るようになったら、
歯周病の可能性は高くなります。
また、歯が以前よりも長く見えるようになったり、ぐらぐらしている場合には、
歯周病がかなり進んでしまっているかもしれません。

何か、歯や歯茎に違和感を感じたら、すぐに歯科医に相談しましょう。
歯を失った場合に、最近はインプラントという優れた治療法もありますが、
まずは自分の歯を守ることが大切です。

最近は、歯周病の治療も新しくなってきていて、レーザーを使う歯科医もいます。
レーザーを使用することによって、歯周病の膿を出して雑菌することができます。

また、レーザー治療の場合は、
痛みをほとんど感じることがないため、麻酔が必要ありません。

この治療だったら、痛みに弱い人でも受けることができますね。
歯科医とよく相談の上、自分に合った治療法を見つけてみましょう。

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。

長持ちをさせるためにはメンテナンスが大事

せっかくインプラントした歯を長持ちさせるためには、こまめなメンテナンスが大事です。
メンテナンスをおこたっていると、インプラントした歯が傷んでしまい、
再手術を行わなければならなくなるかもしれません。

そんな事態はできるだけ回避したいですよね。
インプラントの手術を受けた歯科クリニックと良く相談をして、
適切なメンテナンスを定期的に受けるよう、心がけていただければと思います。

インプラントは、しっかりとしたメンテナンスさえ行っていれば、
一生涯に渡って、自分本来の天然歯を同じように使うことのできる優れものです。

しかし、どんな優れものでも、日頃のお手入れをおこたれば、
劣化してしまうのは仕方のないこと……。

まずはそのことを、しっかりと心に刻んでおいていただければと思います。

また、歯科クリニックに定期的にメンテナンスに行くのはもちろんのこと、
日頃から自分自身でも、口腔ケアをしっかりと行っておくことが大切です。

口腔ケアといっても、そう難しいことを言っているわけではありません。
一日三回、食事をしたあとはしっかりと歯を磨く、といった基本的なケアを、
しっかりと継続して行うか否かで、口内環境というものはずいぶん違ってくるものです。

たとえば、口腔ケアをおこたっていると、虫歯や歯肉炎になってしまいます。
インプラントを行った部分の歯茎が歯肉炎になってしまうと、
インプラント自体にも影響が出てしまう……というのは自明の理ですよね。

そういう事態を引き起こさないためにも、定期的なメンテナンスに加え、
日頃から口腔ケアを行っておくことは、とても大切なことなのです。

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。

歯のヒビ

先日、鏡で自分の歯を見ていたら、前歯2本にうすい白い線、
ヒビのようなものを発見してしまいました。
歯のように固いものにヒビが入ったりするとは思っていなかったので、
ちょっとびっくりして、インターネットでいろいろと調べてみました。

これによると、歯は、意外と簡単にヒビが入ってしまうそうです。
特に、いちばん固いはずのエナメル質ほど、目立つヒビが入りやすいとか。
例えば、歯を磨く時などにしみるような痛みを感じる知覚過敏は、
このヒビから水などが入り込み、象牙質に接触することで起こるそうです。

つまり、年齢を重ねた人の多くは、歯にヒビが入っているということですね。
知覚過敏などの日常に影響を及ぼす症状が無い場合には、経過観察という場合もあるそうです。
エナメル質のヒビの場合、それほど心配はいりませんが、
エナメル質よりも少し柔らかい象牙質にヒビが入ると、心配な症状を引き起こすこともあるそうです。

自分の歯を失って、インプラント治療などを受けることになるケースもあるので、注意が必要です。

歯のエナメル質部分のヒビは、
目立つわりに深刻な問題は引き起こしにくいものだそうです。

それに比べて、比較的柔らかい象牙質部分のヒビは、
あまり目立たないのですが、注意が必要だそうです。
象牙質にヒビができると、そのヒビから細菌が入り込みやすくなってしまいます。

そうして炎症を起こすことで、歯に痛みを感じるようになったり、
歯ぐきが腫れてしまったりする原因になってしまうのです。

また、神経を抜いてある部分にこのような症状が出ると、
痛みなどの自覚症状が無いため、悪化しやすくなってしまうとか。

象牙質のヒビがもとで、症状が悪化すると、抜歯に至ることもあり、
こうなるとインプラントやブリッジなどの治療を受けて、
代わりの歯を入れることになってしまいます。

目立つヒビよりも、全く目立たず気づきにくいヒビほど、
重症になる可能性が高いなんて、ちょっと心配な話ですよね。
私も、悪化して後悔することが無いように、近々、歯医者に行ってこようと思います。

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。

インプラント治療を受けたい時

歯周病や虫歯が原因で自分の歯を抜くことになってしまった場合、代わりの歯を入れる必要があります。
従来は、入れ歯やブリッジなどが、治療の主流でしたが、
最近は新しい治療方法であるインプラント治療が、注目されています。

インプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人口歯を取り付けるので、
入れ歯のようにガタついたり、違和感を感じることがありません。

また、ブリッジのように、抜けてしまった歯の周囲にある健康な歯まで削るということもありません。
このように、見た目にも天然の歯のように美しく、
噛み心地も良いインプラント治療を受けたいと思う人が、年々増えてきています。

ただ、歯の治療とは言っても、インプラントは麻酔をして手術をする必要があります。
インプラントの治療前には、きちんと体調や生活習慣を整えておきたいものです。

自分の歯を失った時に受ける人が増えてきた、インプラント治療。
歯の治療とは言え、手術を要するため、まれに受けることができない人もいます。
インプラント治療の手術には麻酔を使います。

そのため重い心臓病を患っている人の場合は、治療を受けられない場合があります。
また、糖尿病の人の場合も、その状態によっては受けられない場合があるので、
主治医に相談をする必要があります。

インプラント手術は、口の中が不衛生な状態では難しいものです。
そのため、歯槽膿漏や歯周病を患っている場合は、
まずはそちらの治療を行い、口の中の状態を整えてからの手術となります。

また、たばこは、手術のの傷の治りを遅らせてしまうため、
インプラント手術の前後はたばこを控えるようにしましょう。
インプラント治療を受けたいと思ったら、
まずは信頼できる歯科医ときちんと自分の体調や生活習慣についての話し合いをすることが、
大切なのです。

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。

基礎疾患のある人はかならず歯科医師に申告を

糖尿病など、基礎疾患のある人は、場合によってはインプラントが受けられないことがあります。
基礎疾患を持っている人は、インプラントを受ける前に、
かならずその旨を担当の歯科医師に申告するようにしてください。

また、妊娠中の女性なども、インプラントを受けることは原則的にできません。
インプラントは一応「手術」が必要となる治療方法ですので、
基礎疾患の有無などに関する確認は、事前にしっかりと行っておく必要があります。

もちろん、基礎疾患があったとしても、100%インプラントが受けられない、
というわけではないのでご安心ください。場合によっては受けられないケースもある、
ということで、まずは治療が受けられるかどうかの確認の意味も込めて、
歯科医師に相談をしてみるのが良いでしょう。

事前に基礎疾患を確認してこなかったり、
治療に対する説明がほとんど行われないような歯科医院では、
インプラントの治療を受けるのはやめた方が良いと思います。

インプラントは、治療開始から終了までに、それなりの長い時間がかかる治療です。
また、手術である以上、メリット・デメリットや、
それなりのリスクといったものも持ち合わせています。

そういったことを患者に説明しないまま、
治療を進めようとする医師はいまいち信用ができません。少なくともわたしはそう思います。

インプラントはとても有効な治療方法ですが、一般的な歯科治療に比べると、
難易度の高い治療方法でもあります。

だからこそ、患者側も基礎疾患の有無を申告するなど、
万全の状態で治療に臨むよう、心がけていただければ幸いに思います。

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。

歯間ブラシで正しいプラークコントロールを

若い頃からきちんとしたデンタルケアをしていれば、
年を取ってから後悔するようなことにはなりません。
今の時代、多くの成人が、歯周病にかかると言われています。

歯周病が悪化すると、歯ぐきから顎の骨にまで影響が出てしまい、
最悪の場合は自分の歯を失うことにもなりかねません。

自分の歯を失ってしまった場合は、入れ歯やブリッジ、
インプラントなどの治療方法がありますが、
やはりできるだけ自分の歯を保っていきたいですよね。

恐ろしい歯周病にかからないためにも、日頃から丁寧なデンタルケアを心がけましょう。
口の中の歯垢=プラークが残ってしまうことが、
歯周病の大きな原因となります。

歯周病の予防のためには、
このプラークをきちんと取り除くプラークコントロールが大切になってくるのです。
では、どのようにすれば、完璧なプラークコントロールができるのでしょうか。

自分の歯を失った場合に、入れ歯やブリッジなどの他に、
最近ではインプラントなどの新しい治療もあります。

ただ、できるだけ自分の歯を保てるように、
日頃から正しい歯磨き、プラークコントロールを心がけていきたいものですね。
毎日の歯磨きに、歯ブラシを使っただけでは、
プラークを除去することはできません。

歯と歯の間のすき間にも、食べカスやプラークが残っているので、
これらの汚れをきちんと落とすためには、歯間ブラシなどを使うことが有効です。

歯間ブラシは、デンタルフロスと同じように、歯ブラシでは届かないすき間などの掃除をすることができます。
歯と歯の間に歯間ブラシを入れて、丁寧に汚れを落としましょう。

ただし狭いすき間に無理やり歯間ブラシを入れてしまうと、歯肉を傷めたり、
歯の間を広げてしまうこともあるので、場所に合ったものを選び、
時にはデンタルフロスと併用するなどしましょう。

毎日の歯磨きタイムには、正しいプラークコントロールを習慣にして、
健康な歯を保てるようにしたいですね。

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。

痛みを恐れる必要はない

インプラントというと、「治療が痛そう」というイメージを抱く人が多いようです。
たしかに、メスで歯肉を切開して人工歯を埋め込む……なんて聞くと、
「うわあ、痛そう!」と思ってしまいますよね。

でも、実際には、インプラントの治療は、
ほとんど痛みを感じることなく受けることが可能です。

いまは、とても良く効く麻酔があるので、痛みに弱い人は事前に歯科医師にその旨を伝えておけば、
半分眠ったような状態でインプラントの治療を受けることもできるのです。

目が覚めたときには、手術はすべて終了している……ということです。

それであれば、痛みに弱い人であっても、恐怖心を抱くことなく、
気軽にインプラントの治療を受けていただけるのではないでしょうか。

ぜひ一度、インプラントの専門医にご相談されることをおすすめします。

もちろん、痛みなく治療を受けられると言っても、多少の痛みは伴います。
とはいえ、虫歯の治療をした後の、
麻酔が切れたあとの痛み……程度と考えていただければ問題ないかと思います。

実際にわたしの知人で、とても痛みに弱いタイプの人が、
インプラントの手術を受けたことがあるのですが、「思っていたよりもずっと痛くなかった!」と言っていました。

多少の痛みは感じたとしても、インプラントから受けられる恩恵の方がずっと大きいので、
まったくデメリットは感じないそうです。

インプラントを行えば、歯を失う前と同じ生活を取り戻すことができます。
これは、ブリッジや入れ歯では叶えられないことです。

快適な生活を取り戻したい! という人は、ぜひインプラントを受けてみることを検討してみてください。

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。

入れ歯の必要性

自分の歯を失った場合、ブリッジやインプラント、
入れ歯などの方法で、人口の歯を取り付けることになります。

中でも、費用が比較的安価で、
手っ取り早い入れ歯という治療方法を選ぶ人は、まだまだ多い傾向にあります。

多くの場合、奥歯を2本失うと、入れ歯を使うということになります。
奥歯2本ぐらい無くても、
食べ物を噛むことにさほど苦労を感じないと思っている人も、いるかもしれません。

ただ、歯が抜けたままの状態が長く続くと、空いている場所に向かって、
残っている歯がかたむいてしまったりして、かみ合わせが悪くなります。

また、抜けた歯と向い合せになっている歯が、必要以上に伸びてきてしまうので、
更にかみ合わせが悪くなり、あごの骨が変形してしまうこともあります。

自分の歯を失った時に、入れ歯を作るケースは多いものです。
ただ、入れ歯には、固いものが噛みづらかったり、手入れに手間がかかったり、
外れそうになって話しにくかったりと、不具合が多いので、せっかく入れ歯を作っても使っていない人が多いようです。

『奥歯2本無いだけだから、食べる時に不便を感じない』と、入れ歯を使わずにいると、
残っている健康な歯やあごの骨にまで影響が出てきてしまいます。

食べ物を噛むこと以外にも、様々な影響を与えてしまうため、入れ歯はきちんと使いたいものです。
とは言っても、やはり入れ歯は本当の歯ではありませんし、異物です。

この異物を入れたままの生活にはどうしても慣れないと言う人が多いのも、仕方ないのかもしれません。
嫌だからと入れ歯を使わずに過ごすくらいだったら、

インプラントなどの別の治療法で、
抜けてしまった歯の代わりになる人工歯を取り付けるようにしましょう。
こうなると、顔の輪郭もくずれてしまい、見た目にも不自然になってきます。

Posted in インプラント | コメントは受け付けていません。